ブログにコメントしたら名前を知られる?プロバイダへの情報開示請求とは

IPアドレスからプライバシーを知られることはあるか

ウェブサイトやブログなどを読んでいて、書かれていることに疑問を抱いたのでコメント欄で異を唱えた場合、ブログの運営者が匿名の意見に反発してIPアドレスから名前を調べるといってくることがあります。運営者が非常に怒っている場合は、名前を調べた上で裁判を起こすと脅してくることもあるので、書き込んだ人は心配になるでしょう。では、IPアドレスというものから本当に名前などの情報を調べることは可能なのでしょうか。

IPアドレスによる個人の特定は場合によっては可能

まず、IPアドレスから名前などのプライバシー情報を調べることは不可能ではありません。IPアドレスとはそもそもなにかというと、インターネットに接続したとき、プロバイダから与えられる個人番号のようなものです。IPアドレスは同じものが別の場所で複数発行されることはないので、プロバイダに情報を出すようにいえば、回線登録者の住所、名前といったプライバシーを特定できるんですね。ただ、闇雲にプロバイダに対して教えてほしいといっても無理です。裁判で情報開示の請求が認められた、あるいは刑事事件になった場合に限ります。

記事に異を唱えただけで開示請求が通ることはない

では、ブログのコメント欄で記事に異を唱えただけで裁判を起こされたり、あるいは刑事事件に発展することがあるのかというと、その可能性はほぼゼロといっていいでしょう。そういうことがあるとしたら、生命を脅かすようなことを書いたなど強い犯罪性を持っている場合で、記事のこの部分がおかしいといった書き込みをしただけで、裁判所が情報開示請求を認めることはありません。そもそも、弁護士が引き受ける可能性も低いので心配する必要はないでしょう。

シュレッダーと一口に言っても業務用の大型なものから自身で手動で回して裁断するものまで多種多様に揃っています。