ネットワーク監視というものはどのようなものでどんな効果があるのか

監視している人達は誰なのか

現代の言葉として出てきたネットワーク監視というのがあります。これは、子供を監視する学校や親などの目線や、犯罪などの関与などを監視する警察などの目線に分かれています。ですがそのどちらもに共通しているのは、宜しくない行動をしようとしている人を監視するという事です。何も悪い事がなければこの監視をされても悪い気持ちにはなりませんが、少しでもやましい気持ちがあるのであればいい気分にはならないでしょう。正しいことをしているかどうかを見ているのです。

監視しきれない状態にきている

では実際にどうやって監視しているのでしょうか。親や学校側の場合は、見れないようにしている部分になで踏み込むことはできません。それは権利の問題でもありますし、暗証番号などでロックをかけられてしまうと分からないという単純な理由もあります。ですが警察などの監視は、見る権利というのがありますので勝手にとは言いませんが、ある程度でしたらロックがかかっていてもそれを解除して監視することができます。そうして犯罪を未然に防ぐことができるのです。

ネット社会が生んだ深刻な問題

このような手段を取って監視をしていても、日々犯罪は起きていますし大きな事件に繋がるケースも沢山あります。警察が監視しきれない所にまできています。それが今のネット社会なのです。いつどこで何が起きているのかを全て把握することができれば、今の時代の犯罪はもっと減るでしょう。ですがそれと同時に、人としてのプラいバシーはなくなるでしょう。そのどちらを取るかは難しい問題ですが、今のネット社会が生んでいるもんだいは非常に深刻です。

コンフィグ管理とはネットワークにつなげる為の機器やソフト等の管理を行うことです、一括に集中して管理するので、各機器ごとの担当をつけることなく一括で設定が出来きる事がメリットです。