自分の身は自分で守る!ネット誹謗中傷の自己防衛対策について

えっ、どうしよう?ネットで変な噂が広まってる

インタ-ネットが普及したことによって、世の中はとても便利になりましたよね。誰でも気軽に掲示板やブログに書き込むことができ、知らない人ともネットを通してつながるようになりました。しかしその反面、インタ-ネットを悪用した誹謗中傷も後を絶ちません。不確かな情報をネットに流すことで、それがネガティブな事柄であればあるほどあっという間に広がって、ありもしない事実が誕生してしまうということが、あちらこちらで起こっています。ではこのようなネット誹謗中傷を防衛するには、どうしたらいいのでしょうか。

削除依頼はなるべく早くに

掲示板やブログなどで誹謗中傷の書き込みを見つけたら、被害が大きくなるのを防ぐために、すぐにアクションを起こすことが大切です。まずは書かれている内容を確認しその書き込みを保存します。その際には念のため、書かれたペ-ジを印刷してしておきましょう。次に、こういった誹謗中傷が書き込まれている掲示板等の管理人を探します。そして管理者に該当の誹謗中傷メ-ルの削除依頼をします。依頼の仕方は、掲示板によって違っていたりするので、注意書きも合わせて読むようにしましょう。

泣き寝入りしない方法教えます

それでもハンドルネームなどを変えて、しつこくネット誹謗中傷が続く場合がありますよね。そんな時、いくら悪質な嫌がらせを受けても、ネットだから犯人を特定することはできないと諦めてはいませんか?実は犯人を特定することは不可能ではありません。誹謗中傷の被害に遭った人は、損害賠償や刑事告訴が可能です。何度削除依頼をしても改善しない場合は、この方面に強い弁護士に相談するという解決法があります。弁護士経由でサイト管理者と書き込みを行った者が契約しているプロバイダに対して情報開示を請求し、そこから犯人の住所や指名を特定することができます。悪質な誹謗中傷を受けたら、泣き寝入りをする必要はありません。

逆SEOのコツをつかむことで、ケースによっては検索エンジンの最適化を行うにあたり、効率を良くすることが可能となります。